2006年08月16日

塩害でエアコン室外機が壊れました。

IMGP1050.jpg

エアコン室外機が塩害で壊れた様子。。
ファンが中でカタカタいったりとか。廻って居なかったりとか。

IMGP1042.jpg

で、上蓋を開けたところです。
写真は、ファンを支える支柱の根元。支柱は上と下がフレームに固定されているはずですが、錆で下の根元が切断しています。そのおかげでファンが機内に当たってしまっています。おそらく、そのせいでファンが止まってしまう様子です。

IMGP1049.jpg

で、応急処置として、食品用タッパーを下に咬ませてとりあえすファンが当らないようにしました。とりあえず、エアコンは使えています。

ネットで調べると、エアコン室外機の塩害による故障って結構有る様子。
メーカーも、塩害対策仕様の室外機を用意しているようです。地元の電器店の”オリジナル商品”に塩害対策仕様が有ったので購入しました。

でも、塩害で壊れるっていうと、普通は基盤の故障なんだけどね。。



ラベル:塩害
posted by 100k at 15:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 壊れ物話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 室外機室外機(しつがいき)は、ある空間に何らかの効果をもたらすための設備のうち、当該空間の外に置かれる設備。一般的に、室内機とセットで、戸外に設置されるものを指す。この項では、エア・コンディショナー|..
Weblog: 設備を調べる
Tracked: 2007-09-29 12:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。