2010年08月11日

妻の個展。

YUKIETEN2010-8.jpg

先週いっぱいで終わってしまったのですが。。
妻が個展を開いていました。
ご来場頂いた方々、本当に有馬とうございました。

>妻
何もともあれお疲れ様でした。

「新世代への視点 2010」        
葉山 幸恵展
HAYAMA Yukie
2010.07.26(月)―08.07(土)
http://www.nabis-g.com/kikaku/k2010/hayama-y.html




posted by 100k at 20:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

入賞しました。

SEKAI-08.jpg

「世界絵画大賞展」に応募していたのですが、入賞できました。
”大賞”等の上位賞ではありませんが。。

このコンクールは、「世界堂」という大型画材店が主催するコンクールです。
そういえば、コンクールで入賞は初めてかもしれない。
公募展には今迄出して来ていませんが。賞を戴くのはやはりうれしいです。
この為に狭いアトリエを開けてくれた妻に感謝です。


「世界絵画大賞展」
http://www.sekaido.co.jp/ive_taishoten4.html
posted by 100k at 10:23| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

「葉山幸恵展」ご来場ありがとうございました。

yukinabi2.jpg

「葉山幸恵展」にご来場頂きありがとうございました。

終了してから一週間経ってしまい、大変遅れてしまいましたが、心から厚く御礼申し上げます。


yukinabi1.jpg

なびす画廊http://www.nabis-g.com/exhibition/2008/hayama-y.html

前回に比べて、作品の質が変わったと思う。今後は益々精進して、質を高めていって貰いたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
posted by 100k at 10:53| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

葉山幸恵展(なびす画廊)

h-yukie2008.jpg

妻の個展を銀座のなびす画廊で開催させていただきます。

来週月曜から土曜迄
お近くにお越しの際は、お気軽にぜひお寄り下さい。よろしくおねがいします。

なびす画廊
〒104-0061東京都中央区銀座1-5-2 ギンザファーストビル3F
Ginza First Bldg. 3F, 1-5-2 Ginza, Chuo-Ku, Tokyo 104-0061
Tel/Fax. 03-3561-3544 info@nabis-g.com
開廊時間:11:30〜19:00(土曜日は17:00にて閉廊)
※入場無料です。
http://www.nabis-g.com/exhibition/2008/hayama-y.html

h-yukie-map.jpg


ラベル:個展
posted by 100k at 14:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

そろそろ新作でも。

2005-SAKUHIN1.jpg

先日、友人の個展に行って来て、ちょっと辛辣な事を言ったりした。
それから。もう少ししたら、妻の個展(なびす画廊6/2-6/7)もある。ウチのアトリエでは、妻が毎日製作している。

私の作品はちょっと厄介だと思う。でも、必ず絵画として成立出来る筈。
いい作品も必ず出来ると信じている。

写真は3年前の個展作品。

ここ数年は資格試験の準備とか諸々で時間を取られて、なかなか作品の制作に時間がとれなかったけれども、試験のほうはなんとか通過できた。
この連休から、ボチボチ作品を制作出来たらと思います。

2005年の作品紹介
posted by 100k at 22:50| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

映画「太陽」を観てきました

taiyo.jpg

きょうは、資格試験があって都心方面にでたので、前から気になっていた映画「太陽」をみてきました。
映画「太陽」http://taiyo-movie.com/index.html

写真は、映画館から出て来た時の行列ですが。入替制といっても、場内満員というほどの混み方でもなかったです。

映画は。中々良かったです。もちろん、”痛快活劇”ではないのでアレですが。。

一応、太平洋戦争の事を知らなければ、理解しづらいないようになってしまっていますが、
”前近代”において、神とされてしまった人と、当時の人にとっての”神聖”。
でもそれが、どうしても不可能であった事。
全体的にアンダー気味な映像の美しさとイッセー尾形の好演。
久しぶりに良い映画でした。

8月からのロングランになっていますが、映画館の人に聞いたら、11月半ばくらい迄はやってると思う。とのことです。

映画は、大半を防空壕の中のシーンで構成されていますが、上映されている銀座シネパトスは、ちょっと防空壕のような風情がある。
一瞬、スクリーンと絵画館が本当に繋がっているような錯覚があったりとか。
ノイジーな音響もなかなか秀逸。
よろしければ、映画館でぜひご覧ください。
ラベル:太陽
posted by 100k at 22:07| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

そろそろ大きな画面も在りかも。

2005-4.jpg

友人の個展が終わったからという訳じゃないけど。またそろそろ本腰かな。

別に、狭い明度差にこだわっている訳でもないし。
固有の色彩にコンセプトがあるわけでもない。
ただ、図像との距離を縮めたような絵を描きたい。でも空間の大きさは欲しい。
posted by 100k at 01:13| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

2005年個展作品

2005-5.jpg

6月にやった個展の反省というか感想というかソシャクというか。
そういうのをそろそろやっても良いかなとおもっています。

”空間を表現したい”とは常々、というか、半ば苦し紛れにそういってきたけれど、
少なくとも僕は、身の回りの空間。例えば自分の部屋、通勤途上、事務所、外回り先。そういった日常の空間は、ビデオや、スチルカメラに収まりきることは無い。と感じている。
実際、外回り先の状況を報告したり、社の様子を友人に説明したりしようとすると、写真やビデオ、図面やテキストだけでは伝わらない。もっとも、すべてを伝える事は不可能とも言えるかもしれないけれど。

でも、説明しようとする人には、写真でも映像でも、テキストでも図面でもない物を、結局は見せなくては成らない写真やテキストや言葉の背後に、携えながら伝えようとしているのではないかと、考えている。
posted by 100k at 01:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。